〒649-6124 和歌山県紀の川市桃山町市場269-1
TEL 0736-66-2201㈹ FAX 0736-66-2172
 


(特許出願中)
イチゴの株元に直接灌水できる画期的なシステムが出来ました。
(自家施工できます。)
アルミ箔灌水チューブの三大特長
アルミ箔チューブ敷設例
①イチゴの炭そ病の拡大をシャットアウト
 
イチゴの葉を濡らさないから、炭そ病に感染を防ぐ。また、株元に優しい水流で灌水するので跳ね返りもなく感染の拡大を防ぐ効果が大である。

②水やりの手間を大幅削減
 
水量は、1ポット当たり3分前後で約60ccの灌水をすることで、手灌水に比べて10000株当たり約7分程度で済み、水やりの手間をに大幅に軽減する。

③チューブの温度を下げる
 
灌水チューブにアルミ箔を貼付けたため夏期表面温度を黒チューブより約12℃下げる事ができ、チューブに触れたランナーが高温で焼ける事がない。

※目詰まり防止のため「ろ過器」をご使用下さい。
※アルミ箔を貼り付けたため、アブラムシやスリップスへの忌避効果がある。

 この灌水システムは、空中ポットレストレー専用です。夏場の高温多湿から苗を守る空中ポットレストレーと合わせてご使用頂くことで一層効果を発揮します。
 なお、すくすくトレー用も特注で可能ですのでお問い合わせ下さい。
 当社研究圃場で、実際にこのシステムをご覧頂けますので、事前にご連絡の上、ぜひお越し下さい。

表面温度比較
10:30 13:30
アルミ箔 39℃ 42℃
50℃ 54℃
気温 34℃ 38℃
測定日2007年6月4日
アルミ箔灌水チューブの実施例
 

アルミ箔灌水チューブ設置例
パイプとの接続例 灌水例(7cm用)
各ポットに2本ずつ灌水されいるのが解ります。
灌水チューブ規格
7cm 9cm
チューブ幅 50ミリ 55ミリ
穴間隔 8.35cm 10.75cm
穴の径 0.3mm 0.3mm
チューブ長 200m 200m
設置例
 チューブ始端部・終端部ともパイプに接続して、チューブを並列にして御使用下さい。取水口側の親パイプは直径40~50㎜のものを使用して下さい。各チューブの灌水量を一定にするため循環パイプ(20㎜程度)を付けて下さい。
 留め具は、約1m間隔(トレー1枚飛ばし)で留めて下さい。
 目詰まり防止のため、ろ過器をご使用をお薦めします。


使用部品例
ろ過器 入口継手
入口継手
ボールバルブ
ボールバルブ 
ろ過器
◆株元灌水チューブ以外の各種部品の供給も致しますので、何なりとお申し付け下さい。

生産者の方の使用例(栃木県小山市S氏)

生産者の方の使用例 生産者の方の使用例2 生産者の方の使用例3
※このシステムは、病害虫の発生をゼロにするものではありません。病害虫防除は、登録農薬で従来通り実施して下さい。
※尚、他社のポットやトレーにも灌水できる場合がありますが、過水になることがありますので、自己責任で実施して下さい。

お客様へ

灌水チューブへのご注文・問い合わせは、メール及び電話(0736-66-2201)、FAX(0736-66-2172)にてお問い合わせ下さい。

[return to back page]


ページのTOPに戻ります